不妊症については一般的に知られていても、不育症について詳しく知っている方はまだ少ないのではないでしょうか。

不妊が妊娠しにくいのに対し、不育は妊娠はするものの、何らかの原因で流産や死産を繰り返してしまうというものです。一般に自然流産は全妊娠の10~15%の割合でおこると言われていますが、妊娠して2~3回続けて流産・死産を繰り返す場合、不妊症が疑われます。

不育症の原因と治療

不育症の原因は、免疫や染色体、子宮内の異常など、様々な要因が考えられます。

下記に主な内容についてまとめました。一部、不妊の原因と重なるものもありますが、不妊と不育の原因や治療法は、まったく異なります。

不妊症でなくても、不育により元気な赤ちゃんが産めず悩んでいる方はたくさんいらっしゃいます。

  • 免疫の異常によるもの...抗リン脂質抗体症候群、自己免疫疾患など
  • 子宮の異常によるもの...子宮の奇形や筋腫、頚管無力症、子宮腔癒着症など
  • 内分泌異常によるもの...高プロラクチン血症、甲状腺機能異常など
  • 染色体の異常によるもの...夫婦の染色体異常が原因

抗リン脂質抗体症候群とは

不妊の原因としてよく聞かれる、抗リン脂質抗体症候群について説明します。

この病気は、体内に抗体ができて子宮内の血液が固まり、胎盤に血栓ができ胎盤が呼吸しにくく育ちにくい環境になり、流産してしまうというものです。血が固まりにくくする薬を投与する抗凝固療法を分娩時まで行う治療が必要です。

このように不育症は、赤ちゃんが育ちづらいという子宮内の環境を改善するために、妊娠したときから分娩近くまで長く治療を続ける場合が多いのです。通常の不妊クリニックや産婦人科では対応しきれない治療もあります。

不育症を治療できるクリニックは、不妊症よりも少なく限られています。設備の整った大学病院や不育症の治療を専門にしているクリニックを探す必要があります。

一般的な不妊クリニックや産婦人科でも一部治療ができたり、不育症の検査を行っているところがありますが、不育症は非常に奥深い原因が考えられます。

気になることがあり、より専門的な検査や治療を受けたい場合は、不育症について専門としているドクターのいるところに行くことがきちんとした治療を受けられると思います。

母体の栄養不足による発育不良

妊娠中に母体の栄養が不足すると、胎児の発育に影響を与える可能性があります。場合によっては、赤ちゃんの先天奇形の原因になってしまうことも。

栄養を摂るためには、単純にたくさん食べれば良いというわけではなく、胎児が成長するのに必要な栄養をバランスよく摂取することが大切だそうです。
しかし、専門的な知識がないと、摂取し過ぎてしまう可能性があります。効果的な成分の組み合わせや摂取量の調整などは、個人では難しいものです。

そんな悩みを解決する手段としては、1人ひとりに合った栄養をバランス良く摂るための指導をしているクリニックもあります。体内を胎児が育ちやすい環境にできる自然な療法として注目を浴びているようです。

お腹の赤ちゃんの健康を考えて、科学に頼らない自然な方法に目を向けてみるのも、1つの方法だと思います。