自然妊娠やタイミング療法で様子を見ても妊娠しなかった、また子宮の状態や年齢的な問題から、次のステップに進んだほうが良いと判断された場合、人工授精が行われます。

どのような手順で治療が進み、どんな効果があるのか簡潔にまとめてみました。

人工授精の治療内容

人工授精とは、カテーテルという細い管を使って、精子を子宮内に直接注入する方法です。

不妊治療をよく知らない方にとっては体外受精との違いが分かりづらいかと思いますが、人工授精は精液を卵子が受精しやすいよう子宮内に入れるだけの方法であり、受精を体外で行い受精卵を戻す体外受精とは異なります。

人工授精によってカテーテルの管で注入された精子は、卵管を通り、自然妊娠と同じように選ばれた精子だけが卵子と受精します。子宮内の近い位置に精子を送り届けることはできますが、受精するかどうかは精子の能力、卵子との出会いのタイミングによるものです。

その効果を高めてあげるために、体温を測り、超音波での卵子の育ち具合からの排卵日の測定が行われます。以前は、採取した精液をそのまま使用して子宮に注入するのが主流でしたが、感染の問題や妊娠率を上げるために採取した精液を洗浄し、濃縮させて使用する方法が最近ではポピュラーです。

個人の子宮環境の状態により、注射や飲み薬を使い、通常はひとつしか育たない卵子を大きく複数育てるため、卵巣に働きかけ卵胞を育て排卵を促す治療が行われ、妊娠率を高めます。

人工授精の後には注射や飲み薬により、黄体ホルモンを補充して着床を助け、流産しにくい子宮の環境を整える治療が行われます。

人工授精の流れ

生理開始日から人工授精の治療スタート

生理数日後より必要によって飲み薬や注射で卵胞を複数育てます。

卵子の発育、体温等見ながら排卵日を予測します。

排卵日の確定後、人工授精の日程が決まります。
必要により、排卵を促す注射をうちます。

用意した精子を用いて、人工授精が行われます。

必要により、のみ薬や注射など、
子宮内膜を厚くする等の妊娠継続のための治療が行われます。

生理予定日から1週間ほどで、妊娠判定を行います。

どんなタイプの不妊に効果的か

  • 自然妊娠やタイミング療法で半年以上様子を見たが妊娠しなかった方
  • 年齢の問題などで早く妊娠を希望される方
  • 子宮頚管の中の粘液の分泌が正常ではない方
  • 卵子や子宮内膜の状態が悪く自然妊娠が難しい場合
  • 男性不妊が考えられる(精子が少ない等)場合
  • 性交障害(ED 勃起障害 女性器異常等)がある場合

費用について

クリニックにより異なりますが、1回につき1万から3万円程度であり、保険適用外です。

血液や尿検査のホルモン数値の測定や薬や注射などの排卵誘発・黄体ホルモン補充、精子の凍結保存などを行う場合、別途費用がかかり、個人によって金額が異なります。

人工授精の成功率

クリニックによって違いますが、成功率は1回につき約10~20%程度と言われています。

4回までで妊娠する率は90%を超えるというデータもあり、約6~8回など回数を重ねても結果が出ない場合は、体外受精などステップアップの目安とされているようです。

特集:不妊治療の名医が所属するクリニックリスト≫≫