体のコンディションを妊娠しやすいように整える栄養療法について説明していきます。

栄養療法の治療内容

地道に生活習慣と栄養状態の改善をサプリメント等で行うのが、栄養療法。

一般的な不妊治療ではできなかった、卵子・精子・子宮の質を上げることができるんです。

栄養療法(分子整合栄養医学)では、一般の病院では最大22項目しか検査をしないところを、60項目以上に及ぶ血液・尿検査を行い、体内環境の状態から不妊の原因を突き止め、必要な栄養素を補給する治療です。

20世紀最大の科学上の成果といわれる最先端の遺伝子生物学を応用しています。

治療の基本は、サプリメントの処方。体に負担の掛かったり、痛みが伴う検査は一般的な不妊治療に比べてぐんと少ないため体的負担も低いのが魅力です。

また、体の内部から改善して、妊娠しやすい体作りをするためをするため、妊娠しづらい体質と診断された方や、高齢で卵巣・子宮の機能低下が心配な方、それに男性不妊へのアプローチも可能なんです。自然妊娠を目指す方はもちろんですが、体外受精等を少ない回数で成功させたい方にとっても最適な方法なんです。

「足りない栄養分を補うだけなら自分で出来そう」と思いますよね。例えばビタミンB1が足りなかったとしましょう。素人判断でビタミンB1をサプリメントの記載どおりに摂取しておけば一見バランスが整ったように見えるんですが...長期的に見ると、ビタミンB群のバランスが崩れ、別の症状が現れてしまうのだとか。

分子整合栄養医学の知識を持ったドクターは、素人には想像付かない知識・視野を持ってバランスよくサプリメントを処方し、妊娠しやすい体の状態へ近づけてくれます。体に優しく、自然な方法で、年齢を問わず治療できるのが栄養療法なのです。

栄養療法の流れ

ドクターまたはカウンセラーによるカウンセリング

生化学検査(採血・採尿)、データ解析

治療方針の決定、サプリメントの処方

1クール(3ヶ月)の治療後、再検査

どんなタイプの不妊に効果的か

  • 不妊治療をしているがなかなか成果が出ない方
  • 原因不明の不妊に悩んでいる方
  • 体外受精を1回で成功させたい方
  • 質の良い卵子・精子が取れないとお悩みの方
  • 高齢でもホルモン剤などに頼らず自然妊娠を目指したい方

費用について

初回検査・カウンセリング費用が5,000~10,000円、サプリメントの処方が月3~5万円程度です。

だいたい漢方治療と同じぐらいで、一般的な不妊治療よりは費用が抑えられます。副作用も無く安全で根本的な治療ができるので、これからやってくる赤ちゃんのためにもとても安全でオススメな方法です。

栄養療法の成功率

具体的な確率は掲載されていませんでしたが、栄養療法で不妊症・不育症が改善したり、体外受精の成功率が高くなったという報告がたくさん掲載されています。

不妊治療の先が見えない...とお悩みの方は、栄養療法に切り替えてみてはいかがでしょうか。