不妊治療の最終手段ともいえる高度な顕微授精。名前は知っていても詳しい内容をご存じない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、治療内容や費用、成功率などもまとめましたので、参考に読んでみてください。

顕微授精の治療内容

顕微授精を知るには、体外受精についての知識がなければ分かりません。

体外受精は、卵巣から卵子を取り出し、採取した精子の入ったシャーレーに入れて体外で受精させ、分裂した受精卵を子宮内に戻すというもので、この流れは、顕微授精も同じです。

違うのは、受精させる方法です。シャーレーの中に卵子と精子を入れて受精を待つのではなく、顕微授精の場合は極細のガラス菅に精子を1個だけ吸引し、卵子の中に人の手で直接注入するという方法なのです。質の良い卵子と精子を選び、受精の可能性を高める、体外受精よりも一歩踏み込んだ治療法だといえます。

このICSI(イクシー:顕微授精)という技術により、理論上ですが1匹の精子がいれば受精が可能ということになり、体外受精でも妊娠が困難とされていた重度の男性不妊である無精子症に近い乏精子症などの患者さんに対しても、妊娠の可能性を広げることができるようになりました。

女性側の不妊に対しても、体外受精を何度も繰り返しても妊娠できない場合、次の治療として顕微授精が行われる場合があります。例えば、卵子の膜が厚く精子が受精するために入り込めない、などの原因が考えられるため、精子を注入して人工的に受精させる方法が良い場合もあるのです。

顕微授精の流れ

生理開始日から体外受精(採卵)のスケジュールスタート

生理数日後より必要によって飲み薬や注射で卵胞を複数育てます。

卵子の発育、体温等見ながら排卵日を予測します。

排卵日の確定後、採卵の日程が決まります。必要により、排卵を促す注射をうちます。

採卵当日。採取した精子の用意。麻酔などの処置後、卵巣から卵子を取り出す「採卵」が行われます。

極細のガラス菅に精子を1個吸引し、卵子の中に直接注入します。受精後、数日間培養します。

肺移植体。体に問題がなければ、培養された受精卵を子宮内膜に戻します。

必要により黄体ホルモン補充など注射や飲み薬で着床を促します。

生理予定日から1週間ほどで、妊娠判定を行います。

どんなタイプの不妊に効果的か

  • 乏精子症 精子無力症 精子の奇形など重度の男性不妊の場合
  • 精子の透明体や卵細胞膜通関の障害がある場合
  • 抗精子抗体が存在して自然では受精しにくい原因がある場合
  • 体外受精を繰り返しても妊娠しない方
  • 卵子の質など妊娠しにくい要素が考えられる場合

治療に費用について

1回の顕微授精で平均35~60万円程度大学病院など20万円台でできるところもありますが、クリニックにより100万円以上かかるところもあります。基本は体外受精よりも高額です。

保険が適用されず全額自己負担ですし、1回の採卵で受精卵が多くできた場合、胚を凍らせて保存する胚凍結費用もかかります。

個人によって、排卵誘発黄体ホルモン補充など飲み薬や注射の費用も別途かかるようです。

顕微授精の成功率

妊娠成功率は20~40%だと言われています。女性の年齢によっても妊娠率は変わってくると言われています。

名医が所属する不妊治療のクリニックリスト≫≫