漢方による不妊治療の特徴や効果を解説していきます。

漢方治療の治療内容

西洋医学と東洋医学ではまったく考え方が異なります。一般的な不妊検査(西洋医学)では問題がない場合でも、東洋医学・漢方の面から見るとトラブルだらけだったというケースも。

漢方による不妊治療で重視していること、効果のほどをまとめました。

西洋医学では卵巣や子宮の機能で不妊の原因を探りますが、漢方の場合一番初めに対処するのは「冷え」。女性の多くが抱える症状のため、軽く考えがちですが、体本来のあらゆる機能を低下させてしまうものなのだとか。特に下半身は冷えやすく、子宮・卵巣の機能も低下してしまうのです。

そして、不妊の大きな原因のもうひとつが「お血(「お」はやまいだれに於)」。体に溜まっている古い血のことで、今で言うとドロドロ血液です。これが体内に溜まると、排卵障害・生理不順・生理痛の原因に。人によっては子宮筋腫・卵巣のう腫・子宮内膜症の原因にもなります。

お血の原因は、体質的な問題もありますが、現代では生活の乱れが多いのだそう。また、長期にわたるホルモン治療によってバランスが崩れた体もお血が溜まりやすい状態になるとのことで、西洋医学の不妊治療でなかなか妊娠できなかった方が東洋医学に切り替えて自然妊娠したというケースはかなり多いそうですよ。

この2つの原因および患者さんそれぞれが抱える様々な問題を漢方で解消し、環境の良い子宮・卵巣をつくり、ホルモンバランスを整えていきます。まずは母親になるための体作りをしっかり行うのが、漢方治療のやり方なのです。

漢方療法の流れ

「望」目で察する 「聞」耳でよく聞く 「問」言葉で聞く 「切」触って確かめる
特に患者さんの中に手を当て、腹部の状態を見る診断が一番重要です。
 
患者さんの状態を把握し、適切な漢方を処方

どんなタイプの不妊に効果的か

  • 不妊検査をしたものの「異常なし」と診断された方
  • 今まで不妊治療を続けても効果が出なかった方
  • 不妊以外にも体のトラブルを抱えている方
  • 強い冷え性で不妊に悩む方
  • 肥満体質で不妊に悩む方

費用について

クリニックによって異なりますが、初診は5,250円程度、漢方代は月4万円~(種類により保険適用有り無しが分かれる)

個人差はありますが、だいたい1ヶ月あたり4~10万円程度になると思われます。人工授精や体外受精は、治療代のほかにホルモン補充などの保険適用外治療を継続しなければならない場合もありますから、比較的不妊治療の中ではリーズナブルだと思います。

漢方治療の成功率

高度医療でも妊娠しなかった人の80%が1年以内に自然妊娠したという報告があります。

ただし卵管閉塞が起こっていたり、夫側の問題で授からないケースでは西洋医学からのアプローチも引き続き継続しなくてはなりません。